占い 占い師起業 恋愛 娯楽 投資

占い起業に向く人の思考のクセとは?

更新日:

ハートだぬき
占いで起業してガッポリ儲けるたぬ
そんなに甘くはないみたいだよ~
みみパーマありパンダ

占いで起業したいとお考えの方も多く、時々ご相談を受ける事があります。

個人的に思うのが、占い師を本業で…とお考えなら、仕事の量とお金をリンクさせて考えない方がよいと思います。

また、経営者様を鑑定する事も多いですが、実際に様々な経営者を見ていても、それを感じます。

特に女性で起業している方は、好きな事や得意分野、今までの経験を活かして独立される場合が多いので、基本的に働くことに”遊び心”があるように思えます。

”ご自身の仕事に関する事への投資”を惜しまないのも、独立される方の共通する思考のクセだと思います。

占星術でも遊び心の部屋は5ハウスです。

5ハウスには恋愛の意味がありますが、起業や投資の意味もあります。

ですから、占星術を活用して考えても、起業には投資が必要かと思います。

必要なことには”自分のお金”を使ってチャレンジする、投資は戻ってくる保障がないものと考えておいた方が無難です。

投資と同じく、どんな銘柄を選ぶのか、そのタイミングも大事です。

タイミングを逃すとチャンスは過ぎ去ってしまいます。

せっかく得られるはずのものも、このタイミングを逃すと上手くいきません。

チャンスはタロットカードの10番 ”運命の輪”のように ”今その時” に乗るべきです。

起業する前に、私は複数の”起業セミナー”に行きました。

実際に起業している先輩方の ”生の声” を聞く事が必要だと思ったからです。

ここで起業の先輩の話で印象に残っているものがあります。

それは、「お声がけ頂いた仕事を 絶対に 断らない」というものです。

もし、仕事が来た時にその仕事を「自信がない…できないかも…」と思っても、自分なりに努力してやってみる事です。

そうしなければ、失敗すら経験できないため、何の学びも成長もなく前に進めません。

もし、スケジュール的に無理なら、それができる人を探すことで仕事をふってくれた貴重な相手との”信頼関係を得られる”という話が、私の中にインプットされました。

これは「なるほど~」と思いました!

確かに、仕事以外でも何かをお願いした時、「断られるかもしれない」と思ったら、もう二度と自分から声はかけません。

※これは人それぞれのタイプによるかもしれませんが、私の場合はそうです。

信頼関係”は積み重ねていくものなので、「信頼できないかも…」と感じたら、今後何かを頼もう!とは思いにくいですよね

でも、それだけお仕事を頼んで頂ける事は貴重な事だと思います。

私が自己価値が低いのもありますが、 ”自分の代わりはいくらでもいる” と考えています。

それぐらい危機感を持っていないといけないと思いますし、自分が主になって仕事をするなら、世間の厳しさを理解していないとダメと考えるようになりました。

そして、起業して数年経った時、一つ一つの仕事を丁寧にこなす事も大切だと感じるようになりました。

自分の時間は限られています。

ですから、時間をかける部分もよく考えないと…ですよね。

と言っても、その時々の状況により、私も仕事を断った事はありますし、「本当に断って良かったのだろうか?」と思ったこともあります。

でも、これだけは思うのですが「受ける気」で過ごしている日の方が、仕事が来るのは間違いありません。

私は特に、執筆関係の業務を優先しています。

それは、占星術的にも自分の適職に関わる”月星座がふたご座”であるのと同時に、私にとって”書く”と言うことが学びになっているからです。

占いが本業なので、基本的に定期収入となるものを優先しているのも、その理由です。

また、ご依頼による執筆は、”占い師”の仕事にとって、社会的信頼を得られるものだからです。

学歴などがない私にとって、”社会的信頼”を築く事は、優先順位の高いものです。

自分が何かをやるときに、将来この内容でやっていきたいと思うこと(ビジョン)が決まらないことには、ゴールには向かえません。

ですので、自分のゴールに向かうために学びになる事は、”無料”であってもやった方が良い場合もあります。

このように、もしあなたが起業してまだ間もないなら特に”お金”と”労力”を直接的にリンクさせずに考える部分も必要です。

もちろん、何でも無料が良いとは思いませんので、回収方法をしっかりと考えていく事が大切です。

私の経験では、起業当初は原稿作成を無料でやっていました。

占い原稿執筆の実績がなかったからです。

やっている間に、文章のお仕事実績をプロフィールに実績として書き溜めていくことで、信頼をしてもらえるようになりました。

そして、1年後にようやく原稿料をもらえる仕事になりました。

このように、段階に合わせてやるべき事を選んでいく事が大事です。

また占いと言う特殊な業界で食べていこうとするなら、何かあった時にこの業種では自分を選んで貰えるよう、誰かの頭の中に”候補として残れる”ように”信頼を積み重ねたい”と私は考えています。

頂いたお話は、タイミングを逃す事なく引き受けられる事をおすすめします。

また、事故や深刻な病気で無い限り、約束は守る方がよいと思います。

もちろん、仕事を下さる相手がどんな人であるかはしっかりと分かった上で…引き受ける事も大切ですよね。

  • この記事を書いた人

ありねずみん

ありねずみんです。ありねずみんの先生は、大阪天満橋で占い事務所を営む 山田ありす。山田ありすは開業12年、約9,000名様を鑑定。主にテレビなどメディアでの占い原稿執筆を行ってるよ!2010年より朝日放送テレビおはよう朝日です関西エリア6ch7:50頃放送の星占いランキング、2019年より毎週日曜日朝8:30放送のスタートゥインクルプリキュア星座占い、2014年より読売Life月刊占いコーナーを担当中で対面鑑定やセミナーも行っているんだー

-占い, 占い師起業, 恋愛 娯楽 投資
-, , ,

Copyright© ありすねずみんと仲間たちの占いブログありすねっと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.