【占星術 ブログ】2022年下半期の天秤座の運勢「人間関係が拡大して挑戦したことが実を結ぶ時」(Youtube動画あり)

2022年10月21日

1.2022年下半期(9月23日~10月23日)太陽が天秤座(てんびん座)へ移動

太陽が天秤座へ

2022年9月23日 ~10月23日

 

ブログを書いているのは、2022年10月です。

 

天秤座さんは先月から引き続き、お誕生日月。

 

そこで、今後の天体の動き(主に土星以降の天体=トランスサタニアン)を追いながら、気になる時期をピックアップして天秤座の運勢を解説させて頂きます。

 

来年のお誕生日月ぐらいまで、私が重要だと感じる天体の動きを追っていきますね。

 

やまニャン
ちなみに、毎月お誕生日月の星座を動画にもアップしていくニャー

 

太陽星座が定位置に戻る現在9月23日から10月23日は、太陽星座が天秤座に滞在。

 

通常は運気の波も活発になっていると考えられます。

 

本来の天秤座らしさが発揮される時。

 

ネイタルチャート(出生図)の太陽にトランジットの太陽から光を与えられると、あなたが本来は得意とする社交性が発揮される時期の訪れ。

 

逆に、太陽同士がぶつかってジリジリと焼け付くのだと考えると、他人の目を過度に気にしがち…。

 

結果的に人付き合いを負担に感じる場合も…。

 

天秤座的な特徴が強まる時期だと言えます。

 

だからこそ、まずはプラス・マイナス面のどちらも把握しましょう。

 

その上で、出来るだけポジティブを意識して過ごせば大丈夫!

1-1:2022年10月10日5:55 おひつじ座の満月

10月の満月は10月10日牡羊座でした。

 

天秤座にとって牡羊座は対面する星座。

 

そのため、パートナーや対人関係において、関係性が変化していく可能性が…

 

緊張感のある配置図ですので、場合によっては決断を迫られる状況となった方もいるかもしれません。

 

例えば、関わる相手があなたの都合を考えずに暴走して行動してくるなら、巻き込まれないよう身を守る事も必要でした。

 

しかし、実は今回の満月は、結果としてあなたが優位に立てたかも…。

 

一時的にピンチに陥ったとしても、乗り切れた方も多いでしょう。

 

それは、火星がふたご座にいるため、普段より勝負強さを発揮できる時期。

 

もしかしたら、たとえトラブルが訪れても、それに対応する臨機応変さを発揮できたからかもしれませんね。

 

夢や理想を掲げている方、ゴールに向かう気持ちが誰にも負けずブレないなら、今回の変化によって一時的に不利になったとしても問題ありません。

 

10日を機に、徐々にあなたにとって満足のいく展開に進めていけるのだと考えて!

 

きっと、あなたの選択は間違っていませんよ。

 

このまま進みましょう。

 

後ほど、Youtube動画のリンク先もお知らせします。

1-2:Youtube動画 てんびん座の2022年下半期~2023年上半期

ご参考になれば何よりです。
山田ありす

 

3.2022年下半期(10月28日~12月20日)木星が魚座(うお座)へ移動

木星が魚座へ

2022年10月28日~12月20日

 

10月28日は、木星が魚座へと移動しますので、1年のうちでも重要な運気の変わり目となります。

 

これまでの働き方、あなたの役割について考える良い時期。

 

あなたがオーバーワークになっているなら、仕事を割振って。

 

他人に任せることが必要です。

 

特に体調面の不調を感じている人は、生活スタイルを無理のない状態にしないといけません。

 

また、天秤座生まれは、基本的に対等さを求める星座です。

 

そのため、あなたの動いた分と同様の行動を相手にも求めがちとなるのかも…。

 

それは、間違いではありません。

 

当然の思いだと思います。

 

しかし、あなたが考えるタイミングで思いのままに動いてくれる人はいませんから、付き合う相手選びが厳しくなってしまうのです。

 

特に恋愛の初期段階では、相手の方が「あなたを扱い辛い人…」と思ってしまうと、誤解された状態となりますから不利ですよね…

 

今「確かに!」と思って下さったなら、自分と他人の感覚の差について理解していきましょう。

 

愛情=行動に直結しない人がいることも視野に入れてみてください。

  • 直接的にアピールしない見守る愛
  • 形に表すまでに時間がかかる愛
  • 言葉では言い表せない気持ちを心にひっそりと抱く愛 etc…

愛のカタチは様々です。

あなたのように気配りができる人、客観的視点を持てる人ばかりではないと考えてくださいね。

恋愛や結婚でお悩みの人は、相手とあなたが深い縁で結ばれているかどうかが明確となる時期です。

 

また良い知らせもありますよ。

 

復縁含む新たな出会いもありそうですし、相手のリードで始まる恋はよりポジティブです。

 

価値観の違いを感じても、相手が引っ張ってくれる人なら身を任せるのもGOOD。

 

相手に少し落ち度があっても、長所に目を向けることを忘れなければ、きっと欠点も許せるはず。

 

この時期は、あなたに合うパートナーシップを築けるタイミングだと考えて下さいね。

 

10月23日 てんびん座の金星と太陽が0度

10月23日前後は、愛情面、他人とのつながり方に気づきがある時期です。

 

出会い運も良好なので、モテ度もアップ。

 

あなたがフリーなら、この機会に出かけるようにしてくださいね。

 

但し、太陽と金星が接近しているので、あなたのジャッジも厳し目…。

 

先ほどお伝えしたように、あらゆる角度から分析されず、まずは相手の良い面だけを見てあげて下さい。

 

そうすることで、他人との関わりに優しい風が流れますよ。

 

2.(2022年12月20日~2023年5月17日)木星が牡羊座(おひつじ座)へ移動

木星が牡羊座へ

2022年12月20日 ~2023月5月17日

いよいよ、2022年12月20日から木星が約半年おひつじ座に滞在します。

 

対人関係が最も活発となる半年間。

 

熱い人間関係が築ける時でもあり、あなたの気持ちも関わる人に引っ張られていきます。

 

つい自己主張が弱まる時期ですが、あなたは自身のポリシーを貫くことも大切。

 

普段から人に合わせがちの人。

 

感情を抑えることが多いと感じる人は、要注意です。

 

どちらにしても、新たな出会いを求めると人生が変わりやすくなる時。

 

ステージアップを目指してくださいね。

 

結婚相手との出会い、パートナーとの関係性を改善。

 

更に、あなたが求めるなら、面白い相手との出会いが増える行動的な半年となるでしょう。

 

4.2023年上半期(2023年3月7日)土星が魚座(うお座)へ移動

土星が魚座へ

2023年3月7日 22:35~2026年2月14日

 

この時期は、土星が魚座へ移動する時でもあります。

 

土星は、2.5年で1つの星座をめぐります。

 

土星が魚座に訪れるのは約30年ぶり。

前回の土星の魚座の滞在期間

1993年5月21日13:57~6月30日17:30→逆行して水瓶座へ→順行して魚座へ1994年1月29日8:43~1996年4月7日17:49

 

このため、2022年下半期頃に仕事や役割、体力の低下や体調に不安を感じる人は、生活スタイルの見直しが必須です。

 

頑張り過ぎている人は、部下や後輩に任せることを増やしましょう。

 

その「引継ぎ」のような仕事が負担となる時なのですが、ココは少し踏ん張って!

 

今後に余裕を作るために、大切な整理の時期とも言えますよ。

 

余裕を作るといっても、もとからサボっているわけではないと思います。

 

とにかく無理しない状況に意識的に変えていきましょう。

 

具体的には、責任感の強さで仕事を休めない、言い出せない人はそのやり方を変えてみて。

 

あらゆる場面で、今まで言い出せずにいた事を、伝え方を工夫すれば大丈夫です。

 

重要なことは端折らず、相手に歩み寄る姿勢を大切にしてください。

 

思いやりを持って伝える言葉には、不思議なパワーが宿ります。

 

仕事や様々な場面で関わる人間関係は、あなたと相手側のバランスを調整する時期だと考えてくださいね。

5.2023年上半期(2023年3月24日)冥王星が水瓶座(みずがめ座)へ移動

冥王星が水瓶座へ

2023年3月24日0:24

2023年3月24日は、冥王星が水瓶座へと移動し、あなたの人生の楽しみが”何なのか”が分かる時です。

 

今までの生き方のクセが抜けなかった人も、これから始まる新たな生活に胸が躍るかもしれません。

 

人生の変化を楽しめるようになり、少々の難題もクリアする方法を考える事にワクワクする可能性も!

 

人間関係でもあなたがリードをとって、周囲に影響を与える事ができそう。

 

怖いもの知らずになれるのも、このタイミング。

 

他人の目を気にせずに行動できるようになれそうです。

 

そのため、あなたが主となって、始めたい事に取り組むのも良いでしょう。

 

環境の変化を受け入れながら、変わる事に抵抗せずに済むようになるので、きっと安心して過ごせるはず。

 

これも、今まで様々なことを乗り越えてきたからこそのご褒美では?

 

他人と協力して行えること、挑戦する喜びも感じられる時期。

 

是非、チャレンジしてください。

あなたらしい幸せのカタチを発見する2023年3月

心から笑顔になれるのが2023年3月からの人生です。

 

仕事ばかりに明け暮れてきた人は、後悔しない生き方を改めて見直してくださいね。

 

木星が牡牛座に移動する2023年5月17日は、過去の出来事の様々な事がつながって、気づきの多い時期と言えます。

 

6.2023年上半期(2023年5月17日)木星が牡牛座(おうし座)へ移動

木星が牡牛座へ

2023年5月17日2:21

この時期に入ると、あなたの築いてきたものが明確となり基盤が固まっていきます。

 

そのため、あなたが動かなくても少々のことでは壊れない人間関係が築けているかもしれません。

 

周囲の人やパートナーとの関係性はより良いものとなっていると思いますので、心配せずに過ごせる可能性も…。

 

逆に言えば、この時期までに今までお伝えしたような事を行っていけば安定へ。

 

整理が必要でありますが、精神的には随分落ち着ける時期と言えそうです。

 

7.天秤座生まれ

天秤座の特徴は下記の通りになります。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

山田ありす

はじめまして。山田ありすと申します。 開業14年、約1万500人様を占い鑑定。 主に朝日放送テレビ【おはよう朝日です】朝の星占いランキングを10年半。プリキュア【スタートゥインクルプリキュア】今週ラッキーな3星座1年担当。 2020年10月テレビでの占い原稿執筆を卒業。 只今のレギュラーは2013年~読売Lifeの月間星占い。 西洋占星術やタロットの知識を得たい人のためのブログです。 Youtube占い動画も配信中。 チャンネル登録者は1万4000人を突破。 よろしくお願い致します。

おすすめ!冥王星シリーズ

1

もくじ 恐れる人が多い冥王星(YouTube動画解説あり) あなたは冥王星が何座の世代? 2-1:冥王星がかに座かふたご座 85歳~110歳(2022年8月時点) 2-2:冥王星がしし座かかに座 66 ...

© 2022 占い師歴15年の占星術ブログ【関西大阪の占い師山田ありす】 Powered by AFFINGER5